国際免許とは?

国際免許とは、日本以外の外国で車やオートバイ等を運転する為に必要なライセンスです。 正式名称は「国際運転免許証(International Driving Permit)」といい、「IDP」と略称で話される事もあります。 (国際運転免許証は、以下「国際免許」という)

ご自身のパスポートと国際免許を合わせて携帯することで、ジュネーブ条約に加盟している国内で運転することが可能になります。

ただし、レンタルバイク会社やバイクツアー会社によっては、セキュリティーの観点で日本の運転免許証も提示を求められる場合がありますので 「パスポート」「日本の運転免許証」「国際免許」の3点をセットで携帯するのが無難です。

ジュネーヴ条約とは?

ジュネーヴ条約とは、別名「赤十字条約」とも呼ばれる戦時国際法の事ですが、 ここで言う条約は、正確には「道路交通に関する条約」として1952年にジュネーヴ条約加盟国での取り決めとして発効されました。

ジュネーヴ条約加盟国同士であれば、国際免許を取得することで加盟国内の運転が可能になり、現在では100近くの国や特別行政区が加盟しております。 ジュネーヴ条約に加盟していないドイツやスイスなども、日本の運転免許証+国際免許や、大使館などが発行する翻訳証明書を携帯する事で可能となるとの事です。

※ジュネーヴ条約に加盟していない国では、警察官の知識度によりトラブルとなる事がある為、事前にご自身でお調べて渡航をお願いします。

国際免許はどこで取得する?

国際免許は、お住いの地域の以下3箇所のいずれかで取得が可能です。

  • 警察署の運転免許課
  • 運転免許試験場
  • 運転免許センター

国際免許取得の必要書類は?

国際免許を取得するには、以下の書類が必要になります。

  • 日本の運転免許証(有効期限内)
  • 海外渡航を証明するもの(パスポートや航空券)
  • 証明写真1枚(縦5cm×横4cm、無帽、正面、上三分身、無背景、枠なし、申請前6か月以内に撮影したもの)
  • 古い国外運転免許証を持っている場合は、その国外運転免許証

国際免許取得の費用は?

国際免許を取得する地域により若干の差がある様ですが、3,000円以内で取得する事ができます。

証明写真費用は含まれてはおらず、自身が持参した写真を使用しますが 免許センターなどの施設に備え付けの、スピード証明写真を利用する事もできます。

国際免許の有効期限は?

国際免許の有効期限は1年間です。
日本の運転免許のような「更新」という事はないので、有効期限が切れた場合は、その都度取得する形式となります。

普通二輪免許で大型バイクが乗れる!?

海外では、日本の「400ccまでの普通自動二輪免許」「400cc以上の大型自動二輪免許」という区分を分けた制度ではなく 「二輪」という免許区分制度の国が殆どの為、国際免許(海外)では普通自動二輪免許で大型バイクに乗る事が可能です。

国際免許の免許区分を表す文章でも、大型自動二輪免許又は普通自動二輪免許を保有している場合は 「二輪の自動車(側車付きのものを含む。)、身体障害者用車両及び空車状態における重量が400キログラム(900ポンド)をこえない三輪の自動車」 との区分表記なので、普通二輪免許で400cc以上の大型バイクに乗る事ができます。

ただし、不慣れなバイクで不慣れな海外を走るという事は、当然危険ですから ご自身のスキルに合ったバイクをお選びください。

「国際免許で海外をバイクで走る」まとめ

ご覧いただいた様に、国際免許の取得方法は、意外と簡単に取得できます。 海外をバイクで走るという事も、さほど難しくはありません。ただし、今回ご紹介しました国際免許の取得後は 渡航先の法令や規定などの違いや、道路交通ルールがありますので、ご自身でその国の下調べを行いましょう。

日本にはない海外の雄大な景色や、文化の違うライダー同士がバイクという世界共通の乗り物で、 交流し合える楽しさは格別ですので、是非世界のツーリングをお楽しみください。

Copyright Kizuki Rental Service All Rights Reserved.
pagetop