HOME > ショップトピックス一覧 > 中央構造線ツーリング

ショップトピックス

中央構造線ツーリング

2022.11.13 12:49:45


池袋店 関です。

秋も深まってまいりました。各地から紅葉の便りが聞こえてきます。



私も先週、紅葉狩りツーリングにいってまいりましたのでそのレポートを

お届けします。



ルートは、中央高速を諏訪南インターまで乗って、そこから茅野、

杖突峠で高遠に抜けます。

そして、日本の中央構造線上を走る国道152で南下、浜松に向かうというもの。

そもそも152号は全線開通はしておらず、地蔵峠という場所で寸断されています。

それ以外にも近年の大雨や台風被害で、無事に通行できるかどうかはその時次第。

事前の確認で、大鹿村~分杭峠あたりまでは通行可能と判断して走行しました。

一体はすっかり秋の紅葉で、見事に燃えていました。

大鹿村以南は長野県道18号で喬木村~天龍村へ。



その後県道1号(長野と愛知、静岡を跨いでいるが通して1号と表示されている)を

南下するのですが、この辺りも夏の大雨の被害で通行止め区間が多く、予定したルートを

通れないことが多いので要注意です。

ただ、道自体はとても楽しい「険道」「酷道」で、好き者にはたまりません。





予約したホテルは、浜松の「明治屋」さん。ここはライダープランがあって、

屋根有の駐車場を確保+朝食付き。

おまけにビジネスホテルには珍しい、大きなお風呂(温泉ではないけど)が魅力です。

オススメします。



翌日は、浜松から御前崎に向かい、海の香りをかいでから吉田インターで東名高速。



新清水インターで降りて県道10号(富士川身延線)で北上し、甲府へ。

そこから国道20号で東京へ。道が混んできた大月あたりから中央道で帰京。



一泊二日で約750kmのツーリングでした。



東京近郊でも、秩父や奥多摩が紅葉の見ごろを迎えています。

皆様もぜひ、エンジンを回して楽しい(熱くない)今の時期、出かけられてはいかがでしょう!



*崖の写真は北川露頭といわれる中央構造線の二つのプレートが露呈した場所。

明治屋=https://hotelmeijiya.com/
ショップトピックス一覧へ

ご予約はWEBでWEB割500円OFF!
お問い合わせは 050-6861-5819
10:00〜19:00(年末年始を除く)

ご予約はWEBでWEB割500円OFF!