真のクルーザーでありながら、デザイン、テクノロジー、パフォーマンスに優れるニューモデルは、
まさにドゥカティ・ワールドそのものです。

肩肘張らない低速走行は、典型的なクルーザーの世界観であると同時に、スポーツライディングのエキサイトメントといったドゥカティの世界観も実現しています。

これが、Xディアベルが提唱する「ロースピード・エキサイトメント」です。Xディアベルの“X(エックス)”とは、まったくかけ離れたふたつの世界をひとつのモーターサイクルで実現し、一切の妥協なしにふたつの世界観を融合させることを意味します。

イタリアン・エクスペリエンスとアメリカン・カルチャーが出会う場所、それがニューXディアベルです。

クルージング・ワールドとの融合を図りつつ、パフォーマンスとエルゴノミクスも両立させるドゥカティ・スタイルこそ、Xなのです。
テーマカラーはブラックです。このカラーは、個性、神秘性、強さ、エレガンスといった、まったく異なる意味を象徴するカラーとして長きにわたって使われてきました。

SPECIAL MOVIE

 
SIXTY 2
数字で見る X DIAVEL

5000rpm 最大トルク発生
60種類のライディングポジション
40度の最大バンク角

主役はエンジン

5美しく、パワフル、洗練の極み。ドゥカティ・エンジニアは、Xディアベル開発プログラムにおいて、テスタストレッタ・エンジンをさらに進化させ、テスタストレッタDVT 1262を完成させました。排気量を引き上げるとともに、DVT(デスモドロミック可変バルブタイミング)システムを採用、低速域から十分以上のトルクをシームレスに提供するだけでなく、フルスロットル時のスポーツ・パフォーマンスも実現しています。ドゥカティ・テスタストレッタDVT 1262は、Vバンク内にウォーターポンプを配置するなどきめ細かい設計により、エンジン左側の冷却システム用ポンプを見えない位置に移動しています。

電子装備

Xディアベルには、最先端のエレクトロニクスとテクノロジーが採用されています。コーナリングABS、ドゥカティ・トラクション・コントロール、ライディング・モード、クルーズコントロール、ハンズフリー、TFTメーターパネル、そしてレッドのバックライト付エレクトリック・ロック。フルLEDオプションは、デザインとテクノロジーの結晶です。Xディアベル・スタイルの真髄、とも言えるでしょう

 
サスペンションとテクノロジー

モーターサイクルの基本レイアウト(シート高、キャスター角、ホイールベース)は、クルーザーとしてのキャラクターを強調しつつ、適切なバランスとスポーティなハンドリングを実現しています。  最高峰のドゥカティ・エレクトロニクス・パッケージ(ボッシュ製コーナリングABS、ドゥカティ・トラクション・コントロール、3種類のライディング・モード)のほか、サスペンションやブレンボ製ブレーキシステムにも先進コンポーネントが応用されています。

 

ミラノ国際モーターサイクルショー2015にて「Best looking Bike」アワードを受賞

仕様諸元
  • 排気量:1262㏄
  • 最高出力:112 kW (150 hp) @ 9500 rpm
    【日本仕様】
  • 最大トルク:126 Nm (12.8 kgm) @ 5000 rpm
    【日本仕様】
  • 車両重量:247㎏(油脂・バッテリー含む)
  • シート高:750㎜
  • 燃料タンク容量:18リットル
  • ギアボックス:6速
SIXTY 2
 
 
pagetop